入園案内

下記は令和4年度の入園のご案内です。(このページの一番下をクリックしていただくと、入園案内のPDFが表示されます。)なお、令和3年度の入園のご案内につきましては、お問い合わせください。

当園に入園またはゆたかっこサークル(親子幼稚園)に入会を希望される方を対象に、随時見学のお申し込みを受付しております。(9:30~11:00頃) 札幌ゆたか幼稚園の子ども達の日常のありのままの姿をご覧いただきながら、「ゆたか幼稚園が大切にしていること(教育の意図等)」について、1日につき2〜3組限定の人数で丁寧にご説明いたします。 見学希望日の前日までにお電話(Tel. 011-822-8686)にてお申し込みください。

 

 

令和4年度より幼保連携型認定こども園へ移行いたします

 

園舎老朽化に伴い新園舎建設地(豊平4条3丁目)に園舎を建設中です。令和3年度3学期に新園舎へ移転、令和4年度より「幼保連携型認定こども園」として開園する予定でおりますことをご理解のうえ、ご入園ください。

 

<1号認定(幼稚園在籍)教育時間>    月〜金 ※祝日、春・夏・冬休みを除きます。
教育時間  午前教育 8:30〜11:30    午後教育 8:30〜14:00

預かり保育 午前教育 8:00〜8:30、12:00〜18:00     午後教育 8:00〜8:30、14:00〜18:00

 

<2号・3号認定(保育園在籍)開園時間>    月~土 ※祝日、12月29日~1月3日を除きます。(お盆等、協力日として家庭保育をお願いする場合もあります。)    

保育標準時間 7:00~18:00      保育短時間 8:30~16:30            

時間外保育 保育標準時間 18:00~19:00      保育短時間 7:00~8:30、16:30~19:00

 

 

札幌ゆたか幼稚園らしい認定こども園〜札幌ゆたか幼稚園スタイル

 

〜乳幼児期の心身の健やかな成長を、子ども側の“立場”と“視点”に立って支えていきます〜

 

現在の「札幌ゆたか幼稚園スタイル&ポリシー」を⼤切にしつつも、就労⽀援と⼦育て⽀援のニーズに応えていくために、可能な限りの体制を整えていきたいと思っています。(「幼稚園スタイル」とは…1週間の中で⽉〜⾦曜⽇の5⽇間、8時半〜14時の教育時間の枠の中で保育を計画し、⼦どもの⼼⾝のリフレッシュのためにも夏・冬・春休みを設けることです。)「幼稚園スタイル」を基本とするため「幼稚園在籍(1号認定)」の⼦どもを中⼼として考えた定員設定としました。今までと同様にクラス担任制を基本とし、基本の教育時間以外の時間は「保護者対応」「保育カンファレンス(今⽇の保育の振り返り〜翌⽇以降の保育の計画等)」「⾏事の計画や準備〜振り返り」「保育の質向上のための園内研修」等々に時間を要するため、クラス担任は平⽇の基本の教育時間のみ⼦どもと直接関わり、保育を営んでいくことになります。(これは現在も同様です。)このように、基本の教育時間に合わせて⼈員の配置を充実させるため、それ以外の時間や⼟曜⽇は必要最低限の配置となり、フリー保育者を中⼼として保育を営んでいくことになります。その為、主に「保育所在籍(2・3号認定)」の⼦どもが利⽤する⼟曜⽇や14時以降等の時間は、⼦どもに負荷をかけ過ぎず、ゆったりとした家庭保育のような雰囲気を⼤切にしたいと考えておりますが、⼈員の配置や保育環境は同等の質を担保するのが難しいのも現状です。
職員(保育者)の働く時間や環境を守り、⼦どもと関わる時間に全⼒でエネルギーを注げるよう、主任を中⼼としながらクラス担任とフリー保育者が連携を取り合い、1⼈ひとりの⼦ども達に向き合っていきたいと考えています。やむを得ず教育時間の5時間を超えて⼦どもを預ける場合、⼦どもの⼼⾝の育ちを第⼀に考え、必要最低限の時間のみ預けていただくようご協⼒をお願いしたいと考えています。社会の中⼼に“⼦ども”を位置付けながら「家庭≒園≒地域」が互いに繋がり合い、⽣き⽣きとした⼦どもらしい姿を⽀えていくことを念頭に置き、「札幌ゆたか幼稚園らしい認定こども園」として令和4年度より再スタートしたいと思っています。

 

 

幼稚園における2歳児クラスの役割について〜私たちの想い〜

 

〜2歳児が2歳児らしい一年を過ごすために…幼稚園という環境(人・物・空間・自然・事象・醸し出す雰囲気等)を活かして、健やかに過ごせるために…当園では平成29年度より子育て支援として「2歳児クラス」を設けております。〜

 

社会環境が多様に変化を遂げている昨今、家庭をめぐる状況も大きく変化を見せております。祖父母を含めた家族・親戚・近隣・地域が一体となり子育てをしていた環境から、近所の公園に子どもが集まらない、隣家との交流が少ない等といった「家庭の孤立化」が進んでおります。
このような時代だからこそ、「子育て支援」という考えが社会的に進み、あらゆる場所にて子育てサロン等の「子育て支援の場」が充実してきており、幼稚園にも「家庭支援・子育て支援の場」の充実が求められております。
しかし、子育て支援の場を転々としないと交流の場が生まれない等、ある程度同じ場所で安定した心持ちの中「2歳児らしい生活」を送る環境が制限されているのも現状です。
そこで、札幌ゆたか幼稚園では、『一つの「安心できる場所」「安心できる先生」「安心できる友達」を基盤に「安心できる環境」の中で過ごすことが3歳児以降の心身の発達に繋がる』と捉え、『2歳児の育ちを保障』するために、その役割の一翼を私達がより一層担っていきます。

 

入園案内